妻の妊娠中に浮気

妻の妊娠中や出産の為に不倫・浮気をする亭主族が増える、という説があります。
確かに失神するような激しいセックスや、変態的なプレーはできないでしょうが、妊娠中と言えどもセックスは可能です。
折角、二人の共同制作である「愛の結晶」がこの世に生を受け、夫婦の仲を揺るぎないものにするはずであった出産という事実が、不倫・浮気の憂き目に会おうとは、誰も想像していなかったに違いありません。
「妊娠中はセックスができないからだ」という論理が定説になっていますが本当でしょうか。
男性たちが、そんなもっともな理由を、でっち上げているだけかもしれません。

あるセックスフレンドサイトでは、妻の妊娠や出産は男性の不倫・浮気の免罪符になりうるのかを、まじめに論じていました。
不倫・浮気の原因は何も妻の妊娠・出産だけではない、何かにつけ理由を考えて不倫・浮気は成立する、とあります。
突き詰めていくと、妻に対する不満や仕事への不満が、くすぶり続けてきた結果、そうなっただけという解説でした。
セックスができないという不満だけで、不倫・浮気へと走ることはないというのです。

「私ばっかり大変な思いをしているのに……」、妊娠中の妊婦は世間からちやほやされる傾向にあります。
「私ばっかり」というフレーズを家庭内で聞くたびに、亭主は「俺だって」という気持ちに駆られます。
誰にも理解してもらえないフラストレーションがある時、なんでもない女性の仕草に新鮮な感動を覚えるのです。
それが不倫・浮気の発端となります。
夫が不倫・浮気をし、妻に知られないように振る舞い、仕事をこなすことは大きな負担となることは想像がつきます。
しかし、妻以外の女性を知ることは妻を再認識する機会にもなりえます。
「妻を深く愛する発端が不倫・浮気であった」というロジックは成り立つものでしょうか。

不倫・浮気という行為がもたらす妻への回帰、
「雨降って地固まる」とはこのことでしょう。
不倫・浮気をする男性は、妻への憧れが強いらしいのです。
「女性とはこうあるべきだ」という思い入れがあって、理想の女性を求める傾向にあるようです。
妻にとっては迷惑な夫の勝手な思い入れですが、不倫・浮気を行う男性は、不倫・浮気などとは関係のない男性よりも、妻への愛情表現はとても「まめ」らしいのです。
一部には「自分の罪の償いをしているだけだ」という辛らつな意見もありますが、「まめ」でなければ本妻とほかの女を同時に愛することなどできそうもありません。

若い男性は本能的にほかの女性の体を求める傾向にあります。
哺乳類としてのDNAがそうさせるのでしょう。
また、中年以降の男性は、不倫・浮気の対象は精神面を重視するという傾向にあるようです。
肉体的関係も求めますが、それよりも精神的な「ドキドキ」感を味わいたいようです。
そこから妻への愛も増長させることができれば夫婦円満と言えなくもない気がします。
傍からは理解できないことかもしれませんが、本人はいたってまじめだそうです。

誰からもラブラブな夫婦と思われていたのに、夫が不倫・浮気の罠にはまってしまうこともあります。
その時妻は、「どこか自分に非があるに違いない」と真剣に悩み、落ち込んでいきます。
しかし、妻には非がない場合があります。
というのも、男性にとって仕事というのは単に「食い扶持」を稼ぐというものではないのです。
仕事が命という場合もあります。
そんな時にリストラや配置転換などを経験し、自分の価値が過小評価されていると感じれば、ベクトルが不倫・浮気モードに動くこともあります。
溜め込んだフラストレーションが、性的エネルギーに転化することは、不自然なことではありません。
しかし、元々ラブラブな夫婦ですから、ある時間が経過すると、また元の鞘に帰っていくのです。

男は不倫・浮気相手と本命とは、セックスの仕方で分けている。
と書いてあるサイトもあります。
男は不倫・浮気相手とのセックスでは、細かいことをはしょって行っているといわれます。
本命とは濃厚なキスもありなのですが、不倫・浮気相手とのセックスでは、割と淡白に仕上げているようです。
男は本命を大事に扱うので、女は自分の立ち位置がわかる、という記述もありました。
男は愛し方で女にしっかり分類されているのでした。

本命には嫌われたくないので、変態的なプレーを要求することはないようです。
もし、男性にマニアックなプレーを要求されたら、女性は考える必要があります。
男がセックスの前後で女の頭をなでたりしたら、その女性は本命です。
頭をなでるという行為は、感謝の気持ちが入っているからできる行為なのです。
「この幸せを継続したい」と思わない限り、男は女性の頭をなでる行為はしません。

人間はうそをつくと体が緊張状態となり、鼻の血管が膨れます。
鼻の血管が膨れると自然に手で触ろうとします。
鼻が赤くなりだすと鼻の存在が気になり、触る頻度が高まるのです。
警察の取調べでも通用する方法らしいのですが、真偽のほどはわかりません。
足を頻繁に組み替えたり、落ち着きがなくなったり、普段とは違うことを言ったりする時はうそをついている時です。

心理学では「つり橋理論」という学説があります。
左右に大きく揺れるつり橋と、全然揺れないつり橋での実験。
向こうから女性が一人やってきます。
こちらからは男性が一人。
揺れるつり橋と揺れないつり橋とでは、どちらのつり橋が女性を好意的に見るのかという実験です。
それは圧倒的に、揺れるつり橋での実験のほうが、相手女性を好意的に見るという結果になりました。
女性もまた同じです。
これから考えられることは、緊張感のある状態を体験したカップルは、互いのことを好意的に感じるということでした。
緊張感の共有ということでしょうか。
こういう設定は、映画やドラマで見たことがあるような気がします。
たとえ妻帯者であっても緊張感を共有すれば、その女性に好意を抱くという、わかりやすい実験の話です。